突然ですが、あなたは英会話を堪能に活用できますか?

もしできるなら、私はあなたをリスペクトします!

私、英語を話せるようになりたいんです。

先日、コペル英語教室のオンライン生徒として「コペルTV」に入会しました。

校長のイムラン先生がとっても素敵で、オンライン講義も楽しく始められました。

でも、難しいですね。

目の前で流れるのは収録された動画データなので、質問はできないんです。

わからないことがわからないまま進んでしまうので、結局は話せるようにはなっていません。

(入会まだ2週間ですけどね。)

そこで、コペル英語教室に電話して相談したんです。

「コペルTVで先生たちが言っている英語を聞き取れないから、結局何を教わっているかを理解できない。」

「じゃあ、イムラン校長が考案したSPイングリッシュを一緒にやってみるといいですよ。ネイティブ発音の聞き取り方や、より簡単に英会話のやりとりが成立する方法を教えてくれています。」

…抱き合わせ商法かな?とも思いましたが、コペルTVを選んだのは私なので、後付けで売りつけるようなものではないんですよね。

英語を話せるようになるなら、ここは先行投資と思いSPイングリッシュに飛び込んでみました!

1日15分でペラペラになるSPイングリッシュ無料講座はこちら

SPイングリッシュは英語素人にもわかりやすかった!

結論から言うと、SPイングリッシュで私はネイティブ発音を聞き取れるようになりました!

それだけではなく、自分自身もネイティブ発音で英会話ができるようになっちゃったんです!

さらに、私がSPイングリッシュで勉強しているのを隣で聞いていた4歳の娘が、ネイティブ発音で英語を口ずさむんです!

これにはさすがにギョッとしました。

SPイングリッシュがなぜ英語素人にも効果的なのか

イムラン先生考案のSPイングリッシュは、私のように予備知識がほとんどない人間でも英語が染み付いていくと実感しました。

恥ずかしながら、中学・高校とあまり熱心に勉強はしてきてないんです。

アルファベットがわかる、多少なら単語も読める。

実際こんな状況からのスタートでした。

「ケニュークロンザコァン?」

ぶっちゃけ、今だからこそ文字にできてますが、これを聞き取れませんでした。

最初に聞き取れたのは「ケニュー・・・ァン?」です。

ケニューって何?

ァン?って怒ってるの?

そんな状態です。

コペルTVをちょっとやってきていても、聞き取れたのはこれだけ。

3回聞いても「ケニュー・・・ザコァン?」まででした。

そして、私よりも先にはっきりと発音できたのが娘だったんです。

「けにゅくろぅんざこぁん?」

ショックでした。

私が聞き取れないのに、娘はこんなに簡単に聞き取れて口から発しているんですから。

でも逆に考えれば、4歳の娘ですらちゃんと言える言葉なんだとも思ったんです。

聞き込めばいいのか!と思ったところに、イムラン先生が衝撃の事実を突きつけてきました。

「ネイティブ発音を聞きこんだら喋れるようになるは間違い!」

なんでも、英語では日本人には聞こえない音を発しているんだとか。

日本人は、正しく書かれた英文を読むことはできても、正しく読み解くことは教えられてきていないと言うのです。

今聞いていた「ケニュークロンザコァン?」も、文字で表記するとこうなります。

Can you close the Curtain?=キャンユークローズザカーテン

日本人が読むならこうなります。

スタート時点から違いますよね?

キャンユーはケニューになっています。

こういう、日本人が学んだものとリアルは違うんだという事実を「音」で理解させてくれるからこそ、SPイングリッシュは英語素人にも効果的なんです。

英文を読むのと英会話を発するのは別物

イムラン先生は、英会話では英文を発音記号に変換して活用していると言います。

発音記号なんて、英語の辞書に載っているわけのわからない奴ってことしか知りません。

「ae」とか書いてある奴でしょ?

それを活用?

したことありません。

Can you close the Curtain?

これをSPイングリッシュで使っているリアル発音記号ってものに変換するとこうなるんだそうです。

Kenyu kloz tha kr-n?

あ、これなら読める。

パッとみて感じました。

実際に話す際に発する音をそのままローマ字表記してくれるなら、問題なく読めます。

「コァン」って聞こえていたのも、実際には「コゥン」って感じですね。

こんな風に英語を変換して教えてくれる授業なんてどこにもありませんでした。

Canはどうやって読んでもキャンです!

誰もCanをケなんて教えてくれませんでしたよ。

いろいろ調べてみたら、学校で習ってきた英語は、受験で点数を取りやすいように文字をそのままの形で正しく覚えて活用する方法を教えているんだそうです。

英会話は、話しやすいように都合よく変換させているし、短縮できるものはできる限り切り捨ててしまうんだそうです。

娘が普通にネイティブ発音を発せたのは、そもそもの固定観念がまだできていないからだと言います。

子供が言葉を覚えるのは、周囲から聞こえてくる言葉をそのまま取り込める柔軟さがあるからで、大人になるといろいろな情報と結びつけてしまうから、日本人は普段使わない音が自分の知っている意味とリンクできないんだと書いてありました。

今まさにこのことが理解できました。

私の知っている音じゃない。

だからこれはイコールにはならない。

脳内エラーですね。

SPイングリッシュを使えば英会話は習得できる?

SPイングリッシュを使えば英会話習得できるのか。

これは個人差が出てくると思います。

私は今SPイングリッシュ歴1ヶ月と5日ですが、聞き取るだけなら問題なく聞き取れるようになってきました。

それこそ、字幕なしで洋画を見ていられるレベルで。

ただし、意味はわかっていません。

言葉が分からなくて眠くなるって状況ではなく、何を言っているか聞き取れているけど、言っている意味がわからないと言う状況です。

映画「ターミナル」で、トムハンクスが英語を学ぼうと母国語と英語の同じ本を読みながら言葉を学んでいたシーンと同じことを、私は映画を観ながらやっています。

結局、言葉の意味が理解できなかったら会話にはならないんです。

言ってる言葉は聞き取れるけど、意味がわからないから話せない。

これ、致命的じゃありません?

きっと、赤ちゃんってこんな状況なんだろうなぁっていうアハ体験をしちゃってます。

でも、聞き取れるってことは、意味さえわかるようになれば話せるんです。

赤ちゃんのように泣きじゃくらなければならないんじゃなく、同じ映画の日本語版を観てしまえば理解できるんですよ。

と言うことで、SPイングリッシュを使えばネイティブ発音を聞き取れるようになるけど、意味がわからなければ英会話は話せないってことを理解しました。

SPイングリッシュの無料体験はこちらから

どんな人がSPイングリッシュを使ったら英会話を話せるようになると思う?

やっぱり中学校レベルの英語はあったほうがいいと思います。

だって、私自身が聞き取れているのに意味がわからずに苦労してるんですから。

英語の辞書を読んだら意味がわかるんならいいんですよ?

でも、実際の発音と書かれている意味をリンクできないんです。

いっそのこと、リアル発音記号で書かれている英語の辞書が欲しいくらいです。

それなら何の苦労もなく英会話をマスターできるのに…

イムラン先生に提案してみようかしら?

SPイングリッシュの中では、英会話を簡単にする4つのパターンってものも教えてくれるんです。

実際それさえわかっていれば、簡単な会話は成立すると思います。

日本人がこのパターンさえ覚えていれば、咄嗟の英語での質問にも答えられるでしょうね。

そう、意味さえ分かっていれば…

聞き取れている英語の意味がわからないと答えられない…

私は、質問されている意味がわからないで苦労しているんです。

それを踏まえて言えるのは、SPイングリッシュは中学校で習うレベルの簡単な英語の意味を知っておくべきだと言うことです。

教材としては最高にわかりやすいんですが、今私の基礎知識の薄さを後悔しています。

投稿日:2021年5月7日 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません